長野県 iふぉん太郎 南長野店 のブログ

「iふぉん太郎」で修理するメリット

2017/03/19 |

「iふぉん太郎」はApple社の認定を受けていない非正規店と呼ばれるお店ですが、
今回は非正規店で修理をする場合のメリット、デメリットを考察します。

まず、正規店と非正規店の特徴を簡単に紹介すると次のようになります。

 

・正規店
Apple社認定の修理店です。
純正のパーツで修理をしてくれますが、必ずリセットされますので
データが消えたり、再設定の必要があります。事前のバックアップが欠かせません。
料金は割高ですが、AppleCareに入っていれば修理代金を安くすることが可能です。
メーカへ送って修理する場合、修理が完了するまで待ち時間がとても長くなることが多い。
・非正規店
Apple社の認定を受けていない修理店です。
互換パーツを使い、データを残したまま、正規店より安い値段で修理を行います。
基本的には即日、短時間ですぐに修理が可能。
AppleCareは適用されず、一度修理してしまうとApple社の保証が
受けられなくなる可能性がある。

 

互換パーツについて
非正規店ではApple社の純正部品を取り扱う事が出来ない為
「互換パーツ」と呼ばれる部品を使用して修理します。
互換パーツの中には純正部品と全く変わらない「純正同等品」
と呼ばれる部品があり、多くの店では「純正同等品」を使用していますが、
一部格安店などでは品質の悪い部品を使用している店もあるようです。

 

以上を踏まえて非正規店で修理するメリットは

・iPhone本体に保存したデータをそのままの状態で修理が可能
・故障した部品のみを交換修理することで短時間で修理でき、
修理料金も正規店の保証適用外修理料金と比べて格安です。
反対にデメリットは
・Apple社の保証が受けられなくなる可能性がある。
・店舗により使用する部品の品質が一定でない場合もある。

 

このように非正規店で修理するメリットは沢山ありますが、
なぜ非正規店で修理をするとApple社の保証が受けられなくなる可能性があるのか
と関連して互換パーツの「純正同等品」について次回ご説明致します。

ブログ一覧

店舗情報