三重県 iふぉん太郎 四日市店 のブログ

iphone豆知識:バッテリーの減りを遅くする方法 追記

2017/03/25 |

前によく使うアプリは消さないほうがバッテリーの減りが遅くなると書きましたけど
そのことについて詳しいことがアップル公式サポートの方に書かれていたので
それについて一応書こうと思います。

サポートには以下のように書かれています。
ホームボタンをダブルクリックすると、最近使った複数の App が表示されます。
これらの App は開いているわけではなく、操作しやすく、マルチタスクで扱えるように、スタンバイモードになっています。
App は反応しなくなった場合に限り、強制終了してください。
まあ、「よく使うアプリは常駐させた方が◎。躍起になって閉じると余計に電池がかかる」というのは前から言われてることですけど、
やっぱりついついPCとかAndroidの癖で閉じちゃいますよね。確かにそれでRAMの消費は減ります。
ただ、一番バッテリーに負担がかかるバックグラウンド処理。これはiOSの場合、
バックグラウンド処理が許されてるアプリ(つまり使ってないときも電池食うアプリ)は以下のものだけなのです。

①オーディオの再生
②録音
③GPS(マップなど)
④VOIP(スカイプなど)

ようは、自分がいじっていないときでも動いているアプリはバッテリーを減らしてしまうわけで
それ以外は別に終了させなくても問題ないということみたいですね。
iOS開発トップの方が使ってないアプリは閉じなければ電池の減りが早くなることについて否定しているので
間違いなさそうです。

どのアプリがどれだけ食ってるかは、「設定」→「バッテリー」で時計アイコンを押すとチェックできます。
普段使わないからこれは裏で動かなくていいという物があれば「設定」→「一般」→「バックグラウンド更新」でOFFにできます。
これで無駄なバッテリーの減りは少なくなりますよ。

ブログ一覧

店舗情報